2011年01月22日

2010/12携帯電話販売台数に占めるスマートフォンの割合、48.1%まで上昇

12月はスマホの販売台数が48%を占めたとのこと。
ここまで成長してきましたか。

Insight for WebAnalytics: 2010/12携帯電話販売台数に占めるスマートフォンの割合、48.1%まで上昇

(以下、引用)
スマートフォンの割合は11月の35.5%から12.6ポイント増の48.1%に上昇。2010年年間を通してみると、スマートフォンの比率は21.4%。2010年12月の携帯電話全体の販売台数では、Android搭載スマートフォンが4位まで独占となった。
posted by weber at 16:47 | Comment(16) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月11日

NECの折りたたみのAndroidタブレットがよさそうな件

NEC、折りたたみ式2画面のAndroidタブレットを発表 - CNET Japan

折りたたみ2画面というのはいいですね。

良さそうだと思ったポイントは以下。

・本っぽい
・表面に傷がつきづらい
・通勤中にも隠しながら読みやすい。
posted by weber at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国のタブレット端末は2015年には4400万台になる。

米国タブレット販売台数、2015年には4400万台に--Forrester予測 - CNET Japan
市場調査企業Forrester Researchは、消費者需要を反映して、米国における長期的なタブレット販売予測を2倍以上に修正した。

 2010年には約1030万台のタブレットが米国で販売されたと同社は見積もっている。同社は、この台数が2011年には2倍以上に増加し、2410万台になると予測している。そこから販売台数の増加率は徐々に安定し始め、2012年、2013年、2014年の販売台数はそれぞれ、3510万台、3980万台、4230万台になる見込みである。2015年のタブレット販売台数は4400万台になると同社は予測している。

 Forresterは2010年6月の時点で、2015年のタブレット販売台数は2040万台に達すると予測していた。

 タブレット販売台数の増加に伴い、タブレットを使用するユーザーの数も当然増加することが予測される。2011年末までに、2600万人の米国消費者がタブレットを使用するとForresterは予測している。この数は、2012年には5070万人、2013年には6770万人に増加することが見込まれる。2015年までに米国内だけで8210万人がタブレットを使用するとForresterは予測している。

 Forresterは、タブレットは「ライフスタイルデバイス」になったと述べている。これにより、新しいタブレットを選択する消費者の割合が、PCを選択する人よりもスマートフォンを選択する人の割合に近づいている。実際、同社は、「第1世代の『iPad』を購入した人のかなり多くが、2011年に発売される第2世代のiPadを購入するだろう」と考えている。Appleの古いiPadは、「車の後部座席に乗る子どもたち」に与えられることになるだろうと同社は述べている。

日本のiPadの普及状況みていると、
そこまでに感じられない。
この日本と米国の差はなんなのだろうか?
posted by weber at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月04日

メイドが起こしてくれるAndroidアプリ!

メイドが起こしてくれるアプリだそうな。

メイドが起こしてくれるAndroidアプリ「目覚ましメイド」:MarkeZine(マーケジン)

最初はメイドは顔を隠していて、
アラームを終了させるとメイドの顔やプロフィールが見えるようになるという。

仕立てが面白い。
posted by weber at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月07日

グリーがスマートフォン向けプラットフォーム「GREE Platform」をリリース!

グリーがスマートフォン向けプラットフォーム「GREE Platform」をリリース。

今後、完全にSAP獲得競争ですね。

グリー株式会社 | ニュースリリース | プレスリリース 2010年 | グリー、スマートフォン向け「GREE Platform」をオープン化 http://www.gree.co.jp/news/press/2010/1206_02.html
開発パートナー(以下GREEパートナー)様は「GREE Platform for smartphone」を通じて、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」向けに、1. iPhone(※2)・Android(※3)端末向けWebアプリ、2. iOSアプリ(iPhone/iPod touch/iPad ※2)、3. Androidアプリの3つのサービスを提供することが可能です。
グリーは、その第一弾として、2010年12月6日より上記全サービスの仕様を「GREE Developer Center」
http://developer.gree.co.jp/ )にてGREEパートナー様向けに公開致します。


posted by weber at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleの「Nexus S」が12/16に発売!

Googleの「Nexus S」が米国で12/16に発売されるそうだ。

Google Nexus S 正式発表、Android 2.3搭載で12月16日発売 http://japanese.engadget.com/2010/12/06/google-nexus-s-android-2-3-12-16/
Google Nexus S がようやく正式発表を迎えました。主な仕様は凹面デザインの4インチWVGA スーパー有機ELディスプレイ、ARM Cortex-A8 1GHz のハミングバードプロセッサ、512MB RAM、16GB内蔵フラッシュメモリ、5MPカメラ、VGA前面カメラ、NFC (近接通信)、3バンドHSPAなど。OSはもちろんAndroid 2.3 Gingerbreadを搭載します。米国でのキャリアパートナーはT-Mobile。12月16日より、全米のBest Buy またはBest Buy Mobile の店舗・オンラインで販売開始。アンロック版も用意されます。英国では20日にCarphone warehouse, Best Buy UKで発売。続きに発表文と動画を載せています。

posted by weber at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月05日

カーナビは今後スマートフォンに替わっていく!

トヨタのネットサービスの話題について。

トヨタの「スマートG-BOOK」と連携するナビサービス - ケータイ Watch http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101130_410441.html

カーナビ向けのサービスがスマートフォンで
受けれるようになるらしい。

注目なのは、オペレーターに口頭で行き先や現在地を口頭で伝えると、
ナビに自動設定してくれるサービスがスマートフォンでも受けられる
というところ。

あとは、音声ガイド付きナビゲーション。

しいていうなら、それくらいかな。
※いまいち、「全力案内」との連携については何ができるようになるか
がわからなかった。(渋滞回避くらいか?)


ま、でも、言えることは、画面が大きくなれば
完全にナビ替りになるということ。

そう考えると、
ナビとスマートフォンは今後統合されていくのかもしれませんね。

posted by weber at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月28日

Androidを購入する人は必見!

Androidケータイを買う人は必見。

Androidケータイ&タブレットを使いこなせ! キホンのキから応用ティップスまで一挙ご紹介【保存版】 : ギズモード・ジャパン

基本から応用まで。

私ももう1台、買おうかな。
posted by weber001 at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月27日

次のipadは9.7インチで決定!?

次のipadは9.7インチらしい。

せかにゅ:次のiPadは7インチでなく9.7インチ――Goldman Sachsのアナリスト - ITmedia News

GalaxyTabを触ったが、7インチでも全然よかった。
Jobsも意地をはらずに7インチに手を出せばいいのに。
posted by weber at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月25日

Androidマーケットにもうすぐレイティングが追加!

Androidマーケットが近々アップグレードされるらしい。

Androidマーケットが近日アップグレード、レーティング項目追加など

レーティングもつくとのことなので、
やっと少しは使いやすくなるかなって感じですね。
posted by weber001 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月23日

3年後にはドコモからスマートフォンが900万台販売されるらしいよ。

3年後のドコモスマートフォンの台数について。

NTTドコモ:「スマートフォンがガラケーを3年後に逆転」 山田隆持社長 - 毎日jp(毎日新聞)
NTTドコモの山田隆持社長は28日、同日から販売を始めた「ギャラクシーS」などのスマートフォンと、従来タイプの携帯電話について、「3、4年後には販売比率が半々になる」との認識を示した。新規契約と機種変更による買い替えを合わせて、ドコモは年間約1800万台の端末を販売しているが、早ければ2013年にもスマートフォンの販売が従来タイプを逆転するとみており、同年以降は社内体制もスマートフォンに力点を置く。

なるほど、1800万台のうち半分がスマートフォン。
つまり、3年後にはスマートフォンが年間900万台販売されるとのこと。
こうやって数字にするとすごい数字だな。
posted by weber001 at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモのスマートフォンをあと3年でガラケーの新規台数を超える!

ドコモの山田社長が語る今後。

「ネクストステージ」がテーマ、山田社長が語る今後の取り組み - ケータイ Watch
質疑応答では、スマートフォンに注力する一方、フィーチャーフォンのユーザーが5000万存在しており、今後も継続して注力する方針を説明。10代ユーザー向けの“109ケータイ”「F-04C」、法人向けのSMARTシリーズなど、特定ユーザー層に向けたフィーチャーフォンが求められているとした。
ただ、スマートフォンの売り上げは今後成長し、新規販売において、2013年ごろにスマートフォンがフィーチャーフォンを逆転する、との見方を示した山田氏は、その仕込みのため、2011年〜2012年ころから、より一層スマートフォン向けサービスの開発に注力するとした。
2013年ごろからスマートフォンがガラケーを新規販売台数で逆転する見込みとのこと。
posted by weber001 at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモの新機種にあの「evernote」がプリセット

ドコモのスマートフォンにevernoteはプリセットされる。

ドコモのスマートフォン新機種に「Evernote」プリセット - ケータイ Watch

evernoteはこれを機にブレークしそうですね。
posted by weber001 at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新スマートフォンの比較表!

最新スマートフォンの比較表

最新タッチスマートフォン「Galaxy S」「IS03」「Xperia」「Desire」「iPhone 4」を比較してみた | memn0ck.com

表にきちんとまとめられています。
posted by weber001 at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話題の「GALAXY TAB」が11/26に発売されるよ。

「GALAXY TAB」が11/26に発売。

ドコモ、タブレット端末「GALAXY Tab」を11月26日に発売 - CNET Japan
NTTドコモは11月22日、サムスン電子製のタブレット端末「GALAXY Tab」の日本市場向けモデル「ドコモ スマートフォン GALAXY Tab」を11月26日に発売すると発表した。

 ドコモ スマートフォン GALAXY Tabは、OSにAndroidを採用し、約7.0インチTFT液晶、有効約130万画素CMOSカメラを搭載したタブレット端末。iモードメールが利用できる「spモード」に対応したほか、「ドコモマーケット」や「Androidマーケット」、「SAMSUNG Apps」からアプリをダウンロードできる。

7インチのタブレット端末がどれほどのものか、
実際に触ってみたい。

ipadの代替なのか、スマートフォンの代替なのか。
posted by weber001 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップル、「iOS 4.2」を公開!

iOS4.2が公開されたらしい。

アップル、「iOS 4.2」を公開--iPadでのマルチタスク対応を可能に - CNET Japan

iPadがこれから使いやすくなりますねー。
posted by weber001 at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモの冬春モデルは全28機種、うち4機種がスマートフォン。

ドコモの冬春モデル。

ドコモ、冬春モデル28機種を発表 - ケータイ Watch
NTTドコモは8日、2010年冬〜2011年春に発売する新機種を発表した。スマートフォンは4機種、従来型の携帯電話は19機種で、LTEサービス「Xi」対応のデータ通信端末2機種、3G通信モジュール内蔵のデジタルフォトフレーム、モバイルWi-Fiルーター、電子書籍端末がラインナップされる。


全28機種のうち、4機種がスマートフォン。
posted by weber001 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月14日

話題の「Nexus two」はいつ発表されるか。

「Nexus two」の話題。

「Galaxy S」の次に来る「Nexus S」の新情報! 最強性能の新Android「Gingerbread」搭載で年内発売だよ〜 : ギズモード・ジャパン
あのグーグルが純正ケータイを作ったとして大いに話題にもなった「Nexus One」でしたが、その次世代モデルとなる「Nexus Two」の正式名称が、日本でも「Galaxy S」発売で波に乗るサムスン製で「Nexus S」のネーミングにて発売が迫っていることが明らかになりましたよ。
Nexus Sには、非常に高機能なAndroidスマートフォンの大進化を特色づける新バージョン「Gingerbread」の搭載が決定しており、年末のクリスマス商戦に世界各国で販売される予定なんだとか。もうそろそろ正式な発表が行なわれる可能性も大ですね。

これは楽しみ。
しかし、Android陣営の追撃がすごいな。

appleが完全ガラパゴス状態。
posted by weber at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月01日

AndroidはiPhoneをいつ抜くか。

Androidはiphoneをいつ抜くか。

進化のペース半端ない やはり次はAndroid?【湯川】 : TechWave

このエントリーにある通り、
制限されているiphoneに比べ、
機能制限されていないAndroidの方が可能性があると思う。

まだ、目に見えて、
iphoneになく、Androidにしかない」キラーアプリ
がないだけで、
出てきたタイミングで一気にAndroidシフトが加速するかもしれない。

そもそも、2台持ちの人もいるわけで、
その人たちはAndoridで満足できるものが出れば、
今持っているソフトバンク以外の端末と統合していくことも
考えられます。

そういう意味で、iphoneの増加数は
このAndroidが続々発売される冬以降
どうなるか興味深いですね。

ちなみに、
湯川さんが紹介していた以下の動画は確かに
いい感じです。
posted by weber001 at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月26日

7インチタブレット端末は売れるのか?

7インチタブレットが成功するかどうかについて。

7インチ型タブレットが成功し得る理由 | WIRED VISION
18日(米国時間)に行なわれたApple社の決算発表において、Jobs CEOは、現在他社が準備している7インチのAndroidタブレットについて、10インチ型『iPad』の競争相手にはなり得ないと批判した(日本語版記事)。
Jobs氏は7インチ型のタブレットについて、DOA(dead on arrival:最初から失敗)になるだろうと述べた。その理由のひとつは、「7インチ型のタブレットは、どっちつかずの製品だ。スマートフォンと競合するには大きすぎ、iPadと競合するには小さすぎる」というものだ。
Jobsは失敗するとコメント。
「中途半端」というのが理由だそうだ。
小型になることの利点は、価格が安くなることだけではない。7インチ型のタブレットは、10インチ型よりも軽い。片手で持つのがはるかに簡単だ。両手を使った入力も比較的容易にできる(手が小さい人は特に)。そして、より小さなバッグに収まる。また、iPadとは異なった用途も拓けてくる。
実際のところ、7インチ型のタブレットは、iPadよりも、電子書籍リーダーやメディアプレーヤーや携帯ゲーム機に近いものだ。『Kindle』や、ソニーの『Reader Daily Edition』など、ほとんどの電子書籍リーダーが6から7インチのスクリーンを搭載していることには意味がある。だいたいペイパーバック型の書籍の大きさなのだ。また逆に、iPadは、小型のタブレットよりも、小型ノートパソコンに近い。10インチと7ンチはそれぞれ、おおまかにいえば上記の製品エコシステムに属しているのだ。
小型で電子書籍向けというポジショニングでどこまでいけるか。

実機を見ていないので何とも言えないが、
個人的にもiphoneとipadで現状満足しているだけに、
7インチのタブレット端末が売れるかどうかについては懐疑的です。

posted by weber001 at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ネットビジネス最前線
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。