2011年01月04日

マス広告でもテクノロジーが進化していく

2011年の広告業界予測について。

2011年広告業界予測 - 業界人間ベム
とはいえ、テレビ広告の効果は再認識されたと思う。ネット企業がこれほどテレビを使っていること自体がそれを象徴している。ネットでの会員化を促す広告メディアとしてテレビが一番絶対量を獲得できるメディアであるからだ。新興ネット企業も、ダイレクトマーケターと同じ使い方をしている。テレビ広告に求めるブランディング効果は「ダイレクトブランディング」ともいうべきマーケティング目標が主流となったのかもしれない。これがいつまで続くかが問題だが、ネット企業の収益性からして、また競合環境の激化からして、簡単に低調にはならないだろう。

「ダイレクトブランディング」は私も今後増えてくると思う。
ただ、広告主の大半がダイレクトマーケターになるということは、
「明確な価値基準」を持った広告主が増えることになる。

効果が悪ければ、効果が悪いとはっきり言える広告主が増えることになる。

これまでは、マス広告を実施した結果があいまいであったがゆえに
その圧力は大きくはならなかったが、今後は「明確な価値、指標」をもった
広告主が増え、結果と照らし合わせることができるようになることで、
「値下げ圧力」は増えると想定される。

したがって、私はマス広告は今後は値下げすることになると思う。
特に、地方の局。

ただ、値下げは続くかというとそうではなく、
妥当な価格になれば、出せる広告主が増え、立場が逆転するので、
価格は下げ止まると考えられる。

あとは、ネット広告がDSPやSSPなどの技術も進歩しているように、
マス広告もいままでの手法ではなく、ダイレクトマーケティングに効く
広告手法が今後開発されていくと思う。

ダイナミックに広告が変わったり、リアルタイムの情報がCMに流れたり、
双方向なTVCMが生まれたり。

そうなっていくと、今後マス広告はまた面白くなるだろうなと
個人的には思っている。
2010年12月06日

新聞広告が復調する日は来るのか?

メディア広告について。

メディア・パブ: メディア広告が回復へ、でも新聞だけが置いてきぼりに http://zen.seesaa.net/article/170474202.html

米国のメディア広告の2010年2Qの数字。

要は、新聞広告以外は復調しつつあるが、
新聞広告は復調しておらず依然落ち続けているということ。

米国の新聞広告は広告依存度が高く、
日本の新聞広告と比べてより落ち幅が大きい。

プリントメディアに広告主が戻ってくる日はあるのか。

「アトリビュートがトラッキングできれば変わるのかも」
という考えは甘いだろうな。
2010年02月19日

わかりやすいARキャンペーン

■手のひらに新垣結衣が!--ソニー、ARを利用したウォークマンキャンペーン:ニュース - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20408903,00.htm

わかりやすいAR。
こういうわかりやすいものが増えてくると、
AR自体がもっと注目されてきそう。
posted by weber001 at 23:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 301_マス広告・キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月25日

notWEBな広告マンはWEBの知識を蓄えて、周辺領域に進出していくべき。

■広告コミュニケーションの知見はどう生きていくか。
http://g-yokai.com/2010/01/post-194.php

今の広告マンが、Web解析の分野でも生きられるのでは?という話。
データの中からインサイトを発見する能力を持つためというのがベム氏の意見のよう。

ある部分その可能性はあるとも思えるが、現実的にはこれまでのノウハウだけで乗り込むのは難しいだろう。そのノウハウがものすごく求められる領域でもないため。

したがって、周辺領域のスキルをきちんと磨くことが前提であり、その上で今のスキルと組み合わせながら、新領域に入っていくべきである。
posted by weber001 at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 301_マス広告・キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアル効果を求めるクライアントをiPhoneアプリで捕まえることができるか。

■街に飛ぶ「ちょう」をiPhoneで捕まえてクーポンゲット!
電通が新感覚のクーポンアプリを公開
http://markezine.jp/article/detail/9424

AR+位置ゲー。
リアルで効果を求める広告クライアントを集める手段として有効な方向性ではあるが、残念ながらこのアプリはすぐ飽きる。
posted by weber001 at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 301_マス広告・キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月15日

とてもわかりやすい、マックの店舗誘導OOH広告

■マクドナルドの店舗誘導OOH。
http://mochikaz.blogspot.com/2009/09/blog-post_15.html

わかりやすいOOH広告です。
2009年08月31日

「mixi」アプリで、クライアントのPR代行

■ビルコムとカヤック、「mixi」アプリの開発・PR代行を開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090828/336183/

mixiを基盤にして、クライアントのPRやクライアントの顧客のファン化を狙うということですね。

ビルコムとカヤック、面白い組み合わせですね。
2009年08月28日

ネット広告費の主要出稿クライアント(PC、モバイル)

■ネット広告費、PC向けはマイクロソフト、モバイルはインフォコムが最大
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20398922,00.htm

参考になるデータです。
PCでは、個人的に気になったのは、航空系。
たまにバナーとかは見かけたりしていましたが、
こんなに上位だとは思いませんでした。
2009年08月24日

これは新しい:雑誌をめくると動画広告を再生

■雑誌をめくると動画広告を再生、米誌が導入
http://markezine.jp/article/detail/8139

雑誌にディスプレイを埋め込むという発想はなかったなぁ。
今後雑誌も変わっていくかもしれません。
2009年08月01日

マイクロアド、収益化機能を搭載したアドサーバ「MicroAd Vasco」をリリース

■マイクロアド、収益化機能搭載の広告配信システム「MicroAd Vasco」を提供
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20397609,00.htm

マイクロアドが広告配信システムを提供し始めた。

他社との違いは、収益化機能も搭載していて、広告空き枠にマイクロアドの広告が表示をする場合、アドサーバー利用料が減額されるという点。

確か、モバイルでは、adlantisという会社が似たようなことをやっていたような。
こちらは、確か無料で使えるようにしてたような気がする。

やるなら、やっぱり「無料」にまでしないと、インパクトないですよね。

2009年07月21日

「ウェブPR」「戦略PR」って、ホントに流行るの?

■ブロガーなど第三者が論評 「ウェブPR」に脚光
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/090720/its0907201225000-n1.htm

「ウェブPR」、一見時流に乗っている感じもするが、この各企業の業績が厳しく、成果報酬の広告にクライアントが流れている中で、この「不確実性」が非常に高い商品(=このPRを打っても商品が売れるかどうかが不確実)がどこまで売れるのでしょうか。
一部の企業にはヒットするかもしれないけど、非常にニッチな気がします。
2009年07月10日

Amazonの「Kindle」に注目!

アマゾンの「Kindle」は注目です。

■アマゾン“Kindle”の次の一手,広告付きの無料電子書籍を提供か?
http://zen.seesaa.net/article/123055760.html

ソフトのコストが相対的に安いため、普及速度は上がっていくでしょう。
日本では、携帯での電子書籍市場はすでに大きくなっており、コンテンツは十分に存在する。(正確には、携帯でみるものとは違うので、そのままは使えないけど)

そういう意味では、日本での普及も早そうな気がしますね。
2009年06月19日

強烈なバズマーケティング手法「炎上マーケティング」

■未来予想社、新たなバズマーケティングサービス「ヒネッター」を開始
http://bogusne.ws/article/121712829.html

「炎上マーケティング」

わざと炎上させて、そこから自社のHPやキャンペーンページへランディングさせる強烈なバズマーケティング手法です。

送客効果だけを求めるクライアントであれば、ありなのかもしれないけど、本質的にはありなの?(笑)
2009年06月18日

「ラジオ×インターネット」のクロスメディアの可能性について

■「クロスメディア展開は結果に過ぎない」
人気ラジオ番組『NISSAN あ、安部礼司』成功の秘密に迫る
http://markezine.jp/article/detail/7440

ラジオ+WEBで成功している(らしい)事例です。

クライアントの要求は
* 全国区のラジオ放送で、30代に刺さること
* 日産自動車とリスナーとの絆を深められること
* ラジオリスナーを超え、社会的な話題になるような企画まで広げられること
だったそうです。
こういうクライアントは多いのでしょうか?

そもそも絆を深められたら、自社の製品にどのようなプラスの効果が生まれるのでしょうか?絆が深まったら、その製品を買うのか?今の消費者はドライで、絆だけではなかなか動かない気がします。もちろん、そのブランドや商品を「嫌い」な状態では候補に入らないので、その「嫌い」を「どちらかといえば好き」くらいのレベルに変えられるのであれば、チャンスは広がる。そういう部分ではありかもしれないですね。でも、そこから新しく生まれる売上増の金額感は広告にかけるお金とはつりあっていない気がしています。


「リスナー同士がつながる。」

リスナー同士がつながるという現象自体はすばらしいことだと思います。でも、「ネットはバカと暇人のもの」という本に書いてあったことを鵜呑みにすると(全部が全部正しいとは思っていませんが)、このWEBでつながっているリスナーは果たしてクライアントが想定しているターゲットとしている人たちなのかという疑問を持たざるを得ません。

そもそもクルマを買わない人ではなかったりしないか?全くの無関心層であったりしないか?これは完全に感覚値になってしまうが、無関心層が多い気がしています。

と、否定的なことを並べたものの、個人的にはラジオはユーザと「1対1」の関係を築きやすく、ユーザの心に入りこみやすいメディアだと感じているので、絆づくりをするにはラジオが一番いいと思っています。また、同時にネットができるというシチュエーションも考えたりすると、「ラジオ×インターネット」のクロスメディアは絶対チャンスがたくさんあると思っています。

絶対、いつか、すごい企画を考えてやるぞ!
2009年05月06日

マス広告を取り扱う広告代理店が実施必要なこと

選択可能な情報量は10年前と比べて、532倍になっているとのこと。

■マス広告がスルーされている決定的要因とは?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0905/03/news001.html

消費情報量は増えても、満足度は上がっていない。
つまり、1つの情報に対する満足度は究極に減っていっているということ。

なるほど、マス広告が成り立たなくなっているわけだ。

マス広告が成り立つと主張するのであれば、代理店担当者はROIなどで明確に優位性を語るか、それ以外の価値(最終的にクライアントの売上貢献にどうつながるか)の道筋を明確に語る必要があるでしょう。
2009年04月20日

マス広告の「効果の可視化」が必須になる時代

マス広告でも効果捕捉が求められ、その手段としてWEBが必要になってくるという話。

■サイトのゴールとビジネスのゴール
http://g-yokai.com/2009/04/post-158.php

一度広告の効果が可視化される「気持ちよさ」を体験した広告担当者は、マス広告で効果が可視化されないことに気持ち悪さを感じるはず。

そこから考えると、すべてのマス広告が「効果の可視化」を求められる時代が来るのは明白な気がしてきます。

TV番組とWEBチラシのクロスメディア広告

WEBチラシとテレビが連動しています。

■チラシを使い倒せ!凸版とジュピターテレコムが地域密着型テレビ番組「得だね!シュフー!」を展開
http://markezine.jp/article/detail/7025

電子チラシがコンテンツとなったテレビ番組。
要は広告がコンテンツとなったテレビ番組。

面白い!
ただ、チラシは地域特有なだけに、番組もだいぶローカライズせざるを得ない。地域ごとに番組を作ると番組制作費がかさんでしまう。この点を解決できるとよりいいと思う。

「家電芸人が家電を紹介する番組+WEB上での家電のTU広告」までいくとかなりベタだが、その他にもっといいアイデアがありそうな気がする。
2009年04月08日

「フリーノーツ」:広告付きの無料配布モデルの可能性

どこかであった大学の無料コピーモデルと同じ概念ですね。

■広告付きのノートを無料配布する「フリーノーツ」
http://markezine.jp/article/detail/7039

待受画面が必ず広告になっている「無料の携帯電話」とかもありそうな気がしますね。
ソフトバンク辺り、やらないかな?笑
posted by weber001 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 301_マス広告・キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月30日

広告の「好感度」について

広告の「好感度」の話。
あまり、深くテレビCMなどの効果について、考えたことがなかったので、以下のエントリーは個人的に興味深く読ませていただきました。

■ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)
http://mb101bold.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-adb8.html

・好感度は効率を上げる。
・タレントCMの好感度は借り物
・借り物の好感度は長続きしない。

なるほど。確かに。と思いました。

WEBなんかのタイアップ広告は、話者をいつも通りのメディア側できちんと作りこめば、借り物ではない好感度で、効率を上げられる、いい広告商品になりうるということですよね。
2009年03月27日

雑誌がパーソナライズ化される時代

雑誌がパーソナライズされて届くサービスがあるらしい。

■Time, Inc、雑誌のパーソナル化をテスト
http://adinnovator.typepad.com/ad_innovator/2009/03/time-inc

WEBの行動ターゲティングなどと組み合わせて、雑誌に差し込む広告をパーソナライズするような手法が出てくると面白いかも。
ネットビジネス最前線
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。