2010年08月03日

ソフトバンクがスマートフォン絡みで利益増!

■ソフトバンクが大きく躍進--ケータイ3キャリアの決算を比較する - CNET Japan

ソフトバック、躍進!
この利益をどこに投資していくか。
スマートフォン周りだろうが、今後の投資先に注目。
posted by weber001 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月02日

iPad出現で、家電産業は復活するか?

iPad登場は日本の家電産業が復活するチャンス コンピューターが家電になる今こそ新しい発想を JBpress(日本ビジネスプレス)

必要なのは既得権益を捨てて、
大きくジャンプする決意をするということ。

その先に何を見るか。

それによって、家電産業は復活できる!
posted by weber001 at 11:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月14日

今、ネットで伸びているサイト

■このサイトを見逃すな!利用者を伸ばし続けるサイト達
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20399210,00.htm?deqwas_inflow=relation&tag=deq:1

CGMと動画系が予想通り伸びているようです。
記事の中では触れられてませんでしたが、Yahoo!画像検索が伸びているのが個人的には気になりました。
posted by weber at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月10日

なぜ、ブランドサイトはTV広告より信頼させるのか?

信頼度という意味で、消費者のクチコミ以外で、「ブランドが運営するサイト」が支持されているようです。

■世界で最も信頼される広告形態は「知り合いからのおすすめ」「ネットのクチコミ」【ニールセン調査】
http://markezine.jp/article/detail/7789

「信頼度」の定義がきちんと理解できてないですが、企業が運営するブランドサイトはTVよりも信頼されているというのは意外ですね。

個人的には、TV広告はお金かけていてたくさんの人に見られるし簡単に修正できないから、きっと広告主はうそはつきづらいだろうと思う一方で、WEBなんかはどれくらい見られているかもわからないし、そもそも簡単にいつでも修正しようと思えば修正できるからうそつけそうと思ってしまいます。

こう考える人は少ないってこと??
posted by weber at 20:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月11日

携帯の有料サイトの利用規約を必ず読む女性はなんと4割弱もいるらしい。

携帯の有料サイトの登録者の女性のうち、利用規約を必ず読む人の割合が4割弱とのこと。

■携帯有料サイトの利用規約を必ず読む女性は4割弱
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20383314,00.htm

この記事では以外に少ないというコメントがあったが、私は逆にこんなに多いの?と思いました。

ちゃんと読む人がこんなにいるんですね。
ちなみに、私は一度も読んだことはありません(笑)

この調査の対象者がネットユーザであること、アンケートとかに答えることがなれている人であることが、この割合を多くしているような気が個人的にはしています。
posted by weber at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年07月30日

消費者の「情報バリア」を越えるためには

消費者が「情報バリア」を張ってきている。
その「情報バリア」を超えて、メッセージを届けないといけない。
これからの時代はそのバリアを超える「戦略」が広告には必須になってくるのでしょうね。

電通によると、「情報バリア」を張った消費者が増えているという。デジタル化やIT化の進展にともない、世の中を取り巻く情報が増え、消費者は自分にとって関係のない、興味のないものには関心を示さない、という傾向が見られ、そのため、企業が効果的な広告キャンペーンを行うためには、さまざまなコンタクトポイントを有効に活用して、消費者を情報バリアから誘い出す「キャンペーンのシナリオづくり」が大切になっており、そのためには消費者のメディア接触行動や生活動線を具体的に把握する必要があるという。

調査結果によると、調査対象であるインターネットユーザーにおいて、マスメディアやインタラクティブメディアなどの複数のメディアを連動させながらも使い分けて活用する行動が40〜50代層でも高く見られ、「クロスメディア型」メディア接触行動は全世代に広がってきていることがわかった。
引用元:広告をきっかけにキーワード検索、40代以上も積極的/消費者のメディア接触行動に関する調査
posted by weber001 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年07月22日

2007年モバイルビジネスの市場規模

2007年のモバイルビジネスの市場規模が発表されていました。

簡単にまとめると、以下です。
やっぱり、巨大ですね〜。

■モバイルビジネス市場規模:11,464億円(前年比 +23%)
−モバイルコンテンツ市場: 4,233億円(前年比 +16%)
−モバイルコマース市場 : 7,231億円(前年比 +29%)

■CP
−公式サイト数:16,042サイト
−事業者数 :4,298社

モバイル全体構造.jpg

→引用元:携帯公式サイト市場、2007年は前年比23%増の11,464億円、コンテンツでは電子書籍が急成長【総務省調査】
posted by weber at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年05月30日

GREEの会員数が500万人を突破

GREEの会員数が500万人を突破したそうだ。
エンタメ路線が若年層にじわじわ効いてきているのでしょうか。

080529gree_01.jpg

→引用元:GREE、会員数500万人を突破--テレビCM効果で会員層にも変化(CNET)
posted by weber001 at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年05月29日

SNS市場規模は09年には500億円へ

SNS市場規模の予測が出ていた。

■SNS市場規模
2008年3月期実績:294億円(前年比 約3.3倍)
2009年3月期予測:500億円(前年比 約1.7倍)

その内訳(バナー広告、メール広告、コンテンツマッチ、アフィリエイト、EC、課金など)が知りたい。。

報告書によると、2008年3月期のSNS市場規模は推計で前年比の約3.3倍となる294億円に拡大し、4月以降もインターネット広告費およびSNSユーザー数が増加する見込み。2009年3月期は前年比の約1.7倍以上の500億円を突破する見込み。

引用元:2008年度SNS市場規模は500億円突破の見込み--インターネットメディア総合研究所(CNET)
posted by weber001 at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 601_マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ネットビジネス最前線
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。