2010年12月19日

日本では、米のようにDSP、SSP、アドエクスチェンジ、データエクスチェンジなどは普及するか?

日米のアドネットワーク進化過程の差がまとめられているエントリー。

日米アドネットワークにおける進化過程の差 :コラム:アドテクノロジー最前線:VentureNow(ベンチャーナウ)

結論から言うと、アメリカはアドネットワークが進化する環境が整っているのに対して、
日本はそうではないということ。
アドネットワーク、DSP、SSP、アドエクスチェンジ、データエクスチェンジ、などと
旬なワードが飛び交っているが、本当にその流れがアメリカの流れのまま来るのかは
少し考えておかないといけないことだろう。

■日米の違い簡易まとめ
■アメリカ
1.規模
 ・人口多い、ネット利用者多い
 ・トラフィック多い
 ・WEBサイト多い
2.取引形態
 ・メディアと広告主が直接取引が50%
3.広告主の傾向
 ・ROI重視
 ・アドネットワークも複数を共存させる

■日本
1.規模
 ・人口は多くはない。ネット利用者はそこそこ
 ・トラフィックはまだまだ
  −Yahoo!の寡占状態。
  −偏っている
 ・WEBサイトもまだまだ
2.取引形態
 ・代理店依存型
3.広告主の傾向
 ・シンプルオペレーション
 ・アドネットワークもその結果1社利用


ということ。
確かに、アメリカは普及する必然性がある。
日本はどうだろうか。

私は、広告主はアメリカと同様ROI重視になってきているので、
基本的には同じ傾向だと思う。

ほとんどの会社が業績が厳しい中で、利益確保のためにコスト削減を
推進している。
その中で、広告費は一番削りやすい予算であったりする。
そうすると、必然的にROIがいいもの絞ったりする「力学」は必ず
発生する。
そうすると、結果的にROIの観点で、アドネットワークの選択が見えてくる。

ただ、ここで重要なのは、「オペレーションの手間」だと思う。
日本の場合(アメリカの場合を知らないが)、広告だけを担当している人がいるわけではなく、
他の業務も兼務しながら広告も実施ているケースが多いのではないかと思う。

その場合、ROIへの意識は高くても、どうしても工数の観点で「代理店オペレーション」
を選ばざるを得ない場合はあると思う。

その観点でのもう一つのファクターとして、「起案書づくり」もある。
他の業務との兼務の中で、投資決裁のための起案書づくりはやはり時間的に苦労する。

そういう意味でその作業を代行してくれる「代理店」は役に立つ。

したがって、私も総論としては、アドネットワーク、アドエクスチェンジなどが
3年後あたりには主流となってるだろうとは思うのだが、短いスパンの中では
アメリカと同じようには普及していかないだろうと見ている。

posted by weber at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月14日

Google、2010年中にアドエクスチェンジ事項を開始。

少し古いですが、グーグルのアドエクスチェンジ事業関連のニュース。

グーグル、2010年中にアドエクスチェンジ事業を日本でも開始:NETMarketing Online(日経ネットマーケティング) http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20100527/214631/?ST=nmg_page


ポイントとなるのは
(1)簡素化
(2)パフォーマンス
(3)オープン化
の3点だという。

たしかにツールで簡単に出稿できるようになれば、
小さい規模の会社もディスプレイADにもお金を出す
ことになるでしょう。

素材と素材を動的に組み合わせるソリューションが
まず来そうな気がする。
posted by weber001 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月28日

「トリプルメディア」の今後はこうなる!

「トリプルメディア」の近い未来について。

『3つのメディアの3つの予言』 - 業界人間ベム

主張は以下の3つ。

1.ペイドメディアは「よりダイナミックなオーディエンスターゲティングへ」
2.自社メディアは『ソーシャルメディア内に拠点を構えて長期育成へ』
3.Earned Media は『PRとCRMの境界は薄れてソーシャルCRMへ』


プレーヤーとしての変化として、DSP、SSP、データエクスチェンジなどが
台頭してくることは米国の動向からも必然と言える。

つまり、クライアントもそちら側へ流れることは必至。

ソーシャルの流れも米国がというよりも、
日本のカスタマーが少なくとも流れているため、
ソーシャルメディアが「拠点」に、
そしてその場を「CRM」として企業が扱っていくことも
必至だと私も思う。

そうすると、間違いなく自社・ソーシャル・ペイドメディアを
またいで、総合的にデータ、オーディエンス管理できるツールが
必要になってくる。

あとは、そのツールを誰が提供していくか。

その土台を獲得できたら、完全に「ロックイン」!
ロックインできたら、徐々にメディアバイイングなどの領域に
触手を伸ばすだけである。

大手のネット代理店がこぞって欲しがるポジションはこの辺だろう。
posted by weber001 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月02日

ソーシャルメディアマーケティングは「人と人」の間にあるものを盛り上げること。

ソーシャルで企業が今後やるべきことについて。

【ad:tech tokyo】 ソーシャルメディアマーケティング−日米の違いから見えてくるものとは - japan.internet.com
まず、Buchwalter 氏が「ソーシャルメディアの定義」について紹介した。すべてのコミュニケーションはデジタル、リアル関係なく人と人のつながりから生まれるものであり、人間の本質であると確認し、ソーシャルメディアの登場は「デバイス、オンラインサービスの進化でコミュニケーションの在り方が変化した結果」と位置づけた。デジタルと人間の本質であるコミュニケーションが結びついた結果、ブランド、商品、トレンドを語り合うフィールドが生まれたのだ
ソーシャルはユーザの本質的欲求を満たしているサービスであるということ。
つまり、はやるサービスは変わるかもしれないが、
本質的欲求を満たしているサービスなだけに、
これまでのような一過性のサービスではないということです。
ソーシャルメディアマーケティングは、ツールとしての様々なサービスを利用することではなく、ユーザーにとって『一番良いこと』、つまりユーザーの特性や利用動向を踏まえた適切なアプローチとコンテンツ・体験を考え、実践することであり、それを人と人のつながりの中に波及させることだ。そのためには、人のエモーションを動かす強いメッセージ、強い思いが企業やそのブランドメッセージ、製品にこめられていなければならない。
ソーシャルメディアマーケティングは「人と人の間にあるもの」を盛り上げていくこと。そこに企業が伝えたいメッセージを載せられることが今後重要に生ってくると思います。

posted by weber001 at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい指標「TCPA」で認知系商品は息を吹き返すか。

CPAでなく新しい指標「TCPA」の話から。

CPA至上主義からの卒業 トータルでいくらかかったの?を評価する新指標「TCPA」(1/3):MarkeZine(マーケジン)

TCPA」とは

・Total Cost Per Acquisitionの略
・コンバージョンに至るまでに経由した広告CPCを合算したもの

つまり、間接貢献も加味した指標ってことです。

認知系媒体などはこれまでずっと直接効果以外あるはずと
言われ続けて、それを立証できなかったので、
効果が合わないといって敬遠されていって、
だんだんとリスティングやコンテンツマッチ、インタレストマッチに
その予算がシフトしていったという部分はありますが、
これによって見直しされると、息を吹き返しますね。

この記事の通りすべて集計できればの話ですが。

あとは、マス広告もこれによって見直しされて、
効果が合うように価格も見直しされると、
いままで効果へのシフトでマス離れしたクライアントは
戻ってくるでしょう。

ただ、「効果の合う価格」が局の高額な制作費などの
「元が取れる価格」を上回るかどうか。

この辺が今後のマス系の勝負どころなのでしょうかね。
posted by weber001 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月01日

アドエクスチェンジ市場はいつ来るのか

アドエクスチェンジ市場はいつ来るのか。

アドエクスチェンジとDSP - 業界人間ベム
従来日本にはなかった本格的なアドエクスチャンジが始動することになった。プレイヤーはヤフージャパンである。アドエクスチャンジとはネット広告のセリングサイドとバイイングサイドが、入札によって売り買いを成立させる市場といえる。
 リスティングの入札も近いものがあったが、アドネットワークに参加する多くの媒体社が「CPMがいくらならOK」というかたちで、アドエクスチャンジに登録し、バイイングサイドの入札とのマッチングが図られる。需給状況で価格が変動するわけで、売買がよりリアルタイム化する。

需要サイド、供給サイドともにニーズがマッチしているわけで、
来ないはずがない。
バナーが既存のチャネルで高値で売れ続ければ別だが。

時間の問題ですね。

posted by weber001 at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月02日

最適化して効果の高いバナー広告を自動生成する「iogous(イオゴス)」

■[N] 最適化して効果の高いバナー広告を自動生成する「iogous(イオゴス)」
http://netafull.net/marketing/034633.html

[point]
・自動生成
・最適化

どんどんパフォーマンスが向上すると、
どの業種も広告が「原価化」していく世界に
近づきますね。
posted by weber001 at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月12日

appleとgoogle、検索領域で戦争開始

■iAd の狙い:iPhone OS イベントの行間を読む « maclalala2
http://maclalala2.wordpress.com/2010/04/10/iad

■ポイントmemo
・OSレベルでの組み込み→googleに対する競争優位
・感情的価値
・デザイン
 →狙いは広告業界とディベロッパ

面白い戦い。
posted by weber001 at 10:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月13日

広告主にリスクのない広告の時代へ:会員継続月数連動のモバイルアフィリエイト

■フラクタリスト、会員継続月数連動型の低リスクモバイルアフィリエイト広告サービス展開、不正登録成果対策も
http://markezine.jp/article/detail/7799

会員継続月数連動のモバイルアフィリエイトだそうです。
広告主にリスクのない広告がどんどん出てきますね。
posted by weber at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月27日

ライブドアがADWIRESを買収

■ライブドア、ネット広告のADWIRESを買収、行動ターゲティング広告を導入
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090625/332621/

ライブドアがまた最近力強くなってきた感じがしますね。
posted by weber at 05:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月20日

美容室とウェブを連携させたクロスメディア型広告「サンプリ」

DACがビューティナビと組んで、美容室とWEBを使ったクロスメディア型広告をリリースした。

■美容室とウェブを連携、クロスメディア型広告商品「サンプリ」
http://markezine.jp/article/detail/7068

ウェブ閲覧者と美容室訪問者が重複していることが前提となった商品に見えるけど、その辺は大丈夫なのでしょうか?
重複していないと、ただのクロスセルですよね。

逆に言えば、ウェブ閲覧とリアル体験がほぼつながっているようなものを見つけることができれば、「認知理解→体験」の効果を出すことができるクロスメディア広告商品が作れるということですね。
posted by weber at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月22日

ブログパーツのアドネットワークは今後どこへ向かう?

パワーテクノロジーがブログパーツのアドネットワークをポータルサイトの空きスペースなどにも展開するようだ。

■パワーテクノロジー,広告ネットワーク事業に本格参入
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090317/326691/

■パワーテクノロジー
http://www.pw-
tech.com/


パワーテクノロジーは2009年1月からブログ・パーツ向け広告配信事業を開始している。これに先立ち,ブログ・パーツ配布サービスの「トラックワード」,「ブログペット」,「トラックフィード」,「コラブロ」をそれぞれ所有企業から事業譲受した。ブログ・パーツ配布サービス4社で,広告配信可能メディア数は約50万サイト,配信実績のある広告主は約600社。総インプレッション数は8億5000万インプレッションとなる。


4つのブログパーツ配布サービスを事業譲渡を受けていたんですね。

総インプレッションが8.5億impとはなかなかですね。
さらにブログにおいては掲載メディアに成果報酬を支払わなくてよいということで、利益率が高いのもなかなかすごい。

そのあとに続くモデルは行動ターゲティングとかになるんでしょうかね?
posted by weber at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月06日

GoogleAdSenseに拡張型広告が出た。

Google AdSenseが拡張型(Expandable)広告を開始したそうです。
CTRは上がるのでしょうか。

■Google AdSense、拡張型広告を開始
http://adinnovator.typepad.com/ad_innovator/2009/03/google-adsense.html

Googleのコンテクスト広告ネットワークAdSenseで、拡張型(Expandable)広告が始まった。Google AdSenseが承認する第3者のリッチメディア広告配信サービスから配信でき、CPCまたはCPMの料金体系があるという。
posted by weber at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月12日

Google「AdSense for domains」はユーザにとって有益か?

Googleがコンテンツがないサイトに広告を表示するAdSenseを発表した。

■Google、コンテンツのないサイトにも広告を表示できる「AdSense for domains」発表
http://markezine.jp/article/detail/6104

Googleはこれによって、そのサイトにアクセスしたユーザーは、空ページや「page not found」といったページの代わりに有益な情報を得ることができるとしており、将来的にはさらに他の情報を追加することも可能になるとしている。

これは、本当にユーザにとって有益になりうるのだろうか・・・。
posted by weber at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月08日

日経BPがアドネットワーク立ち上げへ:数値だけでは測れない広告価値へもチャレンジ

日経BPがアドネットワークの立ち上げをするそうです。

■日経BP、アドネットワークの立ち上げを発表
http://markezine.jp/article/detail/6043

 2009年1月16日から運営を開始するのは、「nikkei BPnetwork」と「nikkei TRENDYnetwork」。前者は「nikkei BPnet」をハブサイトとしてビジネスパーソンへ情報を提供し、後者は「nikkei TRENDYnet」をハブサイトとして、EC支援サイト、消費者評価情報サイトを組織する。また、2009年4月に運営を開始する「ECO JAPAN Network」は、環境ポータル「ECO JAPAN」をハブサイトとして、環境関連サイトをネットワークし、BtoBとBtoCの2種類のカテゴリーを設ける予定となっている。

 また、このアドネットワークでは、日経BPが提唱する「Page Value」という考え方を導入。一般的な評価指標である「ページビュー」に、「コンテンツの質」とそれを見る「オーディエンスの属性」という2つの指標を加えることで、ページビューだけでは測れない媒体価値を「Page Value」として評価するとしている。


この「PageValue」の考え方は新鮮ですね。

でも、「コンテンツの質」はどうやって評価するのでしょうかね?
興味があります。
posted by weber at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月11日

mixi×リクルートのC-TEAMでクライアントの目的は最適化できるか。

mixiがリクルートのC-TEAMとバナーのクリエイティブを募集し始めたそうです。

■mixi、バナー広告のクリエイティブを一般募集
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20383344,00.htm

第3者のクリエイティブでどんどん最適化していくのは面白い取り組みですよね。

でも、表面的なCTRしか最適化できない気もしています。

実際は表面的なCTRではなく、その先にあるものを目的としているケースがほとんどのはず。
その目的が最適化されるのであれば、すばらしいと思います。
posted by weber at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月10日

旅行サイトを束ねた垂直型アドネットーク「Travel Ad Network (TAN)」:「イノベーションのジレンマ」を感じる

旅行サイトを束ねた垂直型アドネットーク「Travel Ad Network (TAN)」というところがマップ上の広告を始めたそうです。

■旅行サイトのアドネット“TAN”,オンマップ広告を採用
http://zen.seesaa.net/article/109345984.html

通常時の地図閲覧はGoogleMAP、旅行目的の時の地図閲覧はこの地図という使い分けをしてくれるようになれば、商機がみえてくるでしょうね。

単純に、「WEB上の地図」という大きなくくりでしか考えないと、参入する機会を逃すが、このようにもっと小さなカテゴリで見ようとすると商機が見えてくるんですね。

まさに、「イノベーションのジレンマ」のような話でしょうか。
posted by weber at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月24日

日清の「NOODLE ON NOODLE」が面白い!

日清の「NOODLE ON NOODLE」が面白いです。

単純に、宇宙を目指して、みんなでカップヌードルを積み上げていくプロジェクトなのですが、ついやってしまいます。

http://on.cupnoodle.jp/index.html

やっているうちに、3種類のカップヌードルが頭にこびりつくし、日清自体のブランドイメージもなんだかイケてる会社という風に変わっていっている自分がいました。

完全に仕掛け人の思うつぼにはまっている1人です(笑)

しかし、この手のものは利用者が限られるかと思うのですが、費用対効果を考えるとどうなんでしょうか。

利用者は限定的でも閲覧者が多ければ目的は果たせたりするとは思うのですが、単純な閲覧者がいるとも思えないこのプロジェクトはどういう風に費用対効果を考えているのでしょうかね?
#費用対効果なんてものは全く考えていない?
posted by weber at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月22日

新聞広告がネット広告のおまけに:この動きは加速するか。

新聞広告がネット広告のおまけになる時代がとうとう来ているそうです。

■新聞広告がオンライン広告の“おまけ”に
http://zen.seesaa.net/article/106811944.html

以前はマス広告に出稿するときに、その出稿を促すためにネット広告をセットでつけていたりしたかと思いますが、その逆の流れが来ているということです。

ネット広告の効果が他のメディアの広告と比較にならないくらいよくて、且つそれぞれのネットメディアでクライアントの取り合いになっている状態になっていれば、この動きは加速していくのでしょうね。

テレビなどもいつの日かネット広告を売るためのひとつの「おまけ」となる日が来るのでしょうか。
posted by weber at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月18日

「インタレストマッチ」の配信が開始、果たしてその効果は?

インタレストマッチの配信が開始されたようです。

■オーバーチュア、ヤフーと共同で興味連動型広告「インタレストマッチ」の配信を開始
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20380532,00.htm
 掲載面はYahoo! JAPAN内の「不動産」「ファイナンス」「ニュース」など22のサービスで、ヤフーの提携サイト向け広告配信プログラム「アドパートナー」へも順次配信される。今後は段階的に掲載されるページを拡充し、Yahoo! JAPAN内で月間最大200億ページビュー規模の配信を実現する計画だ。


「月間最大200億ページビュー規模の配信」はすごいですね。

あとは、「効果」が肝だと思うのですが、インタレストで絞り込んでリーチした結果、どれくらいよい効果がよくなるのか、その辺の事例を早く知りたいところですね。
posted by weber at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ネットビジネス最前線
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。