2010年12月12日

プログラミングの出来る人と出来ない人の違い

プログラミングの出来る人と出来ない人の違いについて。

プログラミングの出来る人と出来ない人の決定的な違い。 | ワンヤグ

違いのポイントは
・文字の羅列に興味が持てるかどうか。
・理解しようと真剣に取り組めるかどうか。
ということだ。

私はさらにいうと、
文字列でサービスを作れることに喜びを感じるかどうか。
・言語の進化の「機微」を感じることができるか。
 そからの変化を推測できるか。
・プログラムでできることの「機微」を理解し、
 細かいレベルでサービスやメディアに落とし込むことができるか。
ということもあると思う。

その小さな差がメディアやサービスには、
ユーザの「なんかいい」という結果に反映されてくると思う。

posted by weber at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 999_その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172971749

この記事へのトラックバック
ネットビジネス最前線
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。