2010年11月28日

「トリプルメディア」の今後はこうなる!

「トリプルメディア」の近い未来について。

『3つのメディアの3つの予言』 - 業界人間ベム

主張は以下の3つ。

1.ペイドメディアは「よりダイナミックなオーディエンスターゲティングへ」
2.自社メディアは『ソーシャルメディア内に拠点を構えて長期育成へ』
3.Earned Media は『PRとCRMの境界は薄れてソーシャルCRMへ』


プレーヤーとしての変化として、DSP、SSP、データエクスチェンジなどが
台頭してくることは米国の動向からも必然と言える。

つまり、クライアントもそちら側へ流れることは必至。

ソーシャルの流れも米国がというよりも、
日本のカスタマーが少なくとも流れているため、
ソーシャルメディアが「拠点」に、
そしてその場を「CRM」として企業が扱っていくことも
必至だと私も思う。

そうすると、間違いなく自社・ソーシャル・ペイドメディアを
またいで、総合的にデータ、オーディエンス管理できるツールが
必要になってくる。

あとは、そのツールを誰が提供していくか。

その土台を獲得できたら、完全に「ロックイン」!
ロックインできたら、徐々にメディアバイイングなどの領域に
触手を伸ばすだけである。

大手のネット代理店がこぞって欲しがるポジションはこの辺だろう。
posted by weber001 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

facebookで「いいね!」をもらう5つのポイント

facebookで「いいね!」をたくさんもらうための方法についてです。

facebookで「いいね!」をたくさん貰う5か条 : カグア!
1.写真を投稿する

 facebookはその名の通り、写真でコミュニケーションする文化が根付いています。
 「写真にタグ付けする」「××さんが写ってる写真」など、フォト関連の機能は本当に多い。

 またTwitterとの大きな違いにタイムラインに写真がそのまま表示される、
 ということもあり、やはり写真が投稿されたほうが目に留まります。

 2.前向き、ポジティブ

 どうしても心理的にネガティブや後ろ向きなことには同意が得られ難い
 傾向があります。これはTwitterでも同様ですが、一方で、大きく後ろ向きに
 つぶやいて逆に議論が始まる、というのもありますが、まあそこまでしなくとも。

 3.身近な気づき

 ソーシャル全盛の時代には、この「先に気づいた人が教える」という
 行為がとても重要です。変化の早い現代だからこそ生活の変化に気づかない
 ことが多くあります。「こっちの方が得だったんだ!」「××の新メニュー意外と
 美味しい!」など、更に身近なことであれば尚更です。

 グルメ、雑貨、整理整頓、部屋、実務、エンタメ、お金などは多くの
 人が関心があるテーマですので、それらの「気づき」を早めに投稿する、と
 いうのはとても意義のあることなのです。

 4.ほんわか・のんびり・ほのぼの

 何かと忙しい現代人。いわゆる「癒し」系というテーマはとても共感を
 得ます。つい「クスッ」と笑ってしまうことや、癒されてしまう動物の笑顔など
 多くの人の心を掴むことでしょう。

 5.これらを継続する

 上記の4つを継続してシェアできる方は、更に注目される確率が
 高まるはずですから、さらに「いいね!」がもらえる好循環に入るでしょう。
 やっぱり人を惹き付ける人というのはいるんですよね。
なるほど。
でも、確かに自分のTLはいつも見るものだから、
やっぱり見てて気持ちいいものにしたいですよね。

そう考えると、当たり前っていえば当たり前ですが、
その当たり前を「当たり前のように」できるかどうか。

そこがポイントなのでしょうね。
posted by weber001 at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 104_ソーシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Androidを購入する人は必見!

Androidケータイを買う人は必見。

Androidケータイ&タブレットを使いこなせ! キホンのキから応用ティップスまで一挙ご紹介【保存版】 : ギズモード・ジャパン

基本から応用まで。

私ももう1台、買おうかな。
posted by weber001 at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月27日

次のipadは9.7インチで決定!?

次のipadは9.7インチらしい。

せかにゅ:次のiPadは7インチでなく9.7インチ――Goldman Sachsのアナリスト - ITmedia News

GalaxyTabを触ったが、7インチでも全然よかった。
Jobsも意地をはらずに7インチに手を出せばいいのに。
posted by weber at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月25日

Androidマーケットにもうすぐレイティングが追加!

Androidマーケットが近々アップグレードされるらしい。

Androidマーケットが近日アップグレード、レーティング項目追加など

レーティングもつくとのことなので、
やっと少しは使いやすくなるかなって感じですね。
posted by weber001 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!がアプリ事業に参入!アプリ戦国時代へ。

yahoo!がアプリ事業に参入したとのこと。

Yahoo! JAPANがアプリ事業に参入--アプリプラットフォームを提供 - CNET Japan

ヤフーは11月25日、ユーザーが使いたいアプリを自由に選んでYahoo! JAPAN上で利用できるサービス「Yahoo!アプリ」を提供開始した。同日付で10種類のアプリを提供する。Yahoo!アプリを利用するにはYahoo! JAPAN IDを取得する必要がある。

 サービス公開時に利用できるのはMy Yahoo!上のみだが、2011年春以降はアプリのカテゴリにあわせたYahoo!サービス上にもアプリが表示され、各サービスと連携する予定。携帯電話、スマートフォン向けサービスも2011年春に提供する。
各社同じようなことをしてきますね。
ユーザとしては、アプリ過多となって、よくわからない状態になってきそうです。
これに合わせて、開発パートナー企業がアプリを販売できる「Yahoo!アプリケーションプラットフォーム」(YAP)を提供する。パートナー企業はプラットフォームに自社のアプリを掲載でき、有料アプリを販売することも可能。現在は特定のパートナーに限定されているが、2011年春には「Yahoo!デベロッパーネットワーク」などを通して誰でもアプリが掲載できるようになるという。

 さらに、地域や生活の情報を集約した「Yahoo!オープンローカルプラットフォーム」(YOLP)も公開した。パートナー企業が自社で開発したサービスを、他のパートナー企業や一般消費者向けにも公開できる。サービス公開時は、地域や生活の情報を手軽にやりとりできる「YOLPカセットギャラリー」と、地域や生活の情報をウェブサイトに実装できるAPI群を公開している。

 「YOLPカセットギャラリー」は、店舗、イベント、口コミ情報など地域や生活に関する情報を誰でもアップロード、ダウンロードできるサービス。ダウンロードしたデータコードをサイトにはりつけるだけで、拠点リストや地図、検索窓などをウェブサイトに実装できる。またこれまで、「Yahoo!デベロッパーネットワーク」上で提供してきた、地図APIに加え「ローカルサーチ」、「店舗名寄せ」のAPIを公開。従来のAPIも機能強化した。
こちらの方が気になるかな。
なんかいろいろ出来そう。

posted by weber001 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 103_メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月23日

ソフトバンクはDC-HSDPA方式を採用、下りは最大42Mbps!

ソフトバンクの高速データ通信サービス。

DC-HSDPA方式/HSPA+採用、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」 - ケータイ Watch
ソフトバンクモバイルは、DC-HSDPAおよびHSPA+という通信方式を採用した高速データ通信サービス「ULTEA SPEED(ウルトラ スピード)」を2011年2月下旬以降に開始する。4日の発表会では、サービス開始時期はアナウンスされたものの、料金体系やエリアについては明らかにされていない。

 「ULTRA SPEED」は、下り最大42Mbpsで通信できるデータ通信サービス。これまで、ソフトバンクモバイルでは、3G(第3世代携帯電話)サービスでW-CDMA方式を採用し、その発展系であるHSDPA方式(サービス名:3Gハイスピード)を導入していたが、来年2月下旬以降、HSDPA方式の進化系である「HSPA+」と、HSDPAを高度化する「DC-HSDPA」を用いた「ULTRA SPEED」を提供することになった。HSPA+方式は通信速度をより高速化するもので、もう一方のDC-HSDPA方式は、基地局と端末が通信するとき、従来は1つだったところ、2つの搬送波を使って最大2倍の速度を実現するものとなる。HSPA+だけであれば、下り最大21Mbpsとなるが、DC-HSDPAで2つの搬送波を用いることで、その倍となる下り最大42Mbpsで通信できる。

DC-HSDPA方式/HSPA+を採用したそうだ。
下りは最大42Mbpsだそうだ。
posted by weber001 at 03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 201_ガラケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3年後にはドコモからスマートフォンが900万台販売されるらしいよ。

3年後のドコモスマートフォンの台数について。

NTTドコモ:「スマートフォンがガラケーを3年後に逆転」 山田隆持社長 - 毎日jp(毎日新聞)
NTTドコモの山田隆持社長は28日、同日から販売を始めた「ギャラクシーS」などのスマートフォンと、従来タイプの携帯電話について、「3、4年後には販売比率が半々になる」との認識を示した。新規契約と機種変更による買い替えを合わせて、ドコモは年間約1800万台の端末を販売しているが、早ければ2013年にもスマートフォンの販売が従来タイプを逆転するとみており、同年以降は社内体制もスマートフォンに力点を置く。

なるほど、1800万台のうち半分がスマートフォン。
つまり、3年後にはスマートフォンが年間900万台販売されるとのこと。
こうやって数字にするとすごい数字だな。
posted by weber001 at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモのスマートフォンをあと3年でガラケーの新規台数を超える!

ドコモの山田社長が語る今後。

「ネクストステージ」がテーマ、山田社長が語る今後の取り組み - ケータイ Watch
質疑応答では、スマートフォンに注力する一方、フィーチャーフォンのユーザーが5000万存在しており、今後も継続して注力する方針を説明。10代ユーザー向けの“109ケータイ”「F-04C」、法人向けのSMARTシリーズなど、特定ユーザー層に向けたフィーチャーフォンが求められているとした。
ただ、スマートフォンの売り上げは今後成長し、新規販売において、2013年ごろにスマートフォンがフィーチャーフォンを逆転する、との見方を示した山田氏は、その仕込みのため、2011年〜2012年ころから、より一層スマートフォン向けサービスの開発に注力するとした。
2013年ごろからスマートフォンがガラケーを新規販売台数で逆転する見込みとのこと。
posted by weber001 at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモの新機種にあの「evernote」がプリセット

ドコモのスマートフォンにevernoteはプリセットされる。

ドコモのスマートフォン新機種に「Evernote」プリセット - ケータイ Watch

evernoteはこれを機にブレークしそうですね。
posted by weber001 at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新スマートフォンの比較表!

最新スマートフォンの比較表

最新タッチスマートフォン「Galaxy S」「IS03」「Xperia」「Desire」「iPhone 4」を比較してみた | memn0ck.com

表にきちんとまとめられています。
posted by weber001 at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話題の「GALAXY TAB」が11/26に発売されるよ。

「GALAXY TAB」が11/26に発売。

ドコモ、タブレット端末「GALAXY Tab」を11月26日に発売 - CNET Japan
NTTドコモは11月22日、サムスン電子製のタブレット端末「GALAXY Tab」の日本市場向けモデル「ドコモ スマートフォン GALAXY Tab」を11月26日に発売すると発表した。

 ドコモ スマートフォン GALAXY Tabは、OSにAndroidを採用し、約7.0インチTFT液晶、有効約130万画素CMOSカメラを搭載したタブレット端末。iモードメールが利用できる「spモード」に対応したほか、「ドコモマーケット」や「Androidマーケット」、「SAMSUNG Apps」からアプリをダウンロードできる。

7インチのタブレット端末がどれほどのものか、
実際に触ってみたい。

ipadの代替なのか、スマートフォンの代替なのか。
posted by weber001 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップル、「iOS 4.2」を公開!

iOS4.2が公開されたらしい。

アップル、「iOS 4.2」を公開--iPadでのマルチタスク対応を可能に - CNET Japan

iPadがこれから使いやすくなりますねー。
posted by weber001 at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモの冬春モデルは全28機種、うち4機種がスマートフォン。

ドコモの冬春モデル。

ドコモ、冬春モデル28機種を発表 - ケータイ Watch
NTTドコモは8日、2010年冬〜2011年春に発売する新機種を発表した。スマートフォンは4機種、従来型の携帯電話は19機種で、LTEサービス「Xi」対応のデータ通信端末2機種、3G通信モジュール内蔵のデジタルフォトフレーム、モバイルWi-Fiルーター、電子書籍端末がラインナップされる。


全28機種のうち、4機種がスマートフォン。
posted by weber001 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月22日

「LTE」、最初はデータ通信型から

「LTE」について

ドコモ始める「高速モバイル通信」 すぐには買えないこれだけの理由 (1/2) : J-CASTニュース
ドコモは、LTEを使った「クロッシィ」という次世代携帯電話サービスを2010年12月24日に開始する。発表資料によると、通信速度は同社の3Gサービスの約10倍、最大で毎秒75メガビットとなる。ドコモ広報部によると、新サービス開始にあたって、東京で約800局、大阪と名古屋でそれぞれ約100局ずつ基地局を開設予定だという。

ただ、最初はまだデータ通信用のカードタイプと、USB型だけとのこと。

早くスマートフォンやガラケーで、スピードを体感したい。
posted by weber at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 001_Webサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーシャルは「巨大な図書館」から「巨大な公民館」へ

ソーシャルメディアの定義について。

蔓延する誤った「ソーシャルメディア」の定義【水谷翔】 : TechWave

ソーシャルの定義の話より、湯川さんのコメントの方が興味深かった。
これまで何度か指摘してきたように今インターネットは「巨大な図書館」から「巨大な公民館」へと姿を変えようとしている。水谷さんの言うように、YouTubeやブログ、flickreなどのユーザー参加型メディアって、ユーザーが作成するコンテンツ自体に重点が置かれたもの。あくまでも「図書館」という比喩の中で語ることができるものだった。プロの著者だけではなく、より多くの人の書いた物が「図書館」の中に加えられましたよってことに過ぎなかったわけだ。。

ソーシャルは、「巨大な図書館」から「巨大な公民館」へ。

いい得て妙ですね。
posted by weber at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 001_Webサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月14日

「Fコマース」とは

Eコマースの後は、「Fコマース」らしい。

Eコマースの次はFコマース: インターネット広告のひみつ - ブログ

Fコマースとは
フェイスブックを活用した電子商取引のこと

概念的には理解できるが、
個人的にはまだ「ソーシャル」×「コマース」を体感していない。

これからいいサービス出てくるのかな。

概念ではなく、自分の感覚を信じたいと思っているので、
自分の感覚をぶるっとさせてくれる今後のサービスに期待。
posted by weber at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 104_ソーシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話題の「Nexus two」はいつ発表されるか。

「Nexus two」の話題。

「Galaxy S」の次に来る「Nexus S」の新情報! 最強性能の新Android「Gingerbread」搭載で年内発売だよ〜 : ギズモード・ジャパン
あのグーグルが純正ケータイを作ったとして大いに話題にもなった「Nexus One」でしたが、その次世代モデルとなる「Nexus Two」の正式名称が、日本でも「Galaxy S」発売で波に乗るサムスン製で「Nexus S」のネーミングにて発売が迫っていることが明らかになりましたよ。
Nexus Sには、非常に高機能なAndroidスマートフォンの大進化を特色づける新バージョン「Gingerbread」の搭載が決定しており、年末のクリスマス商戦に世界各国で販売される予定なんだとか。もうそろそろ正式な発表が行なわれる可能性も大ですね。

これは楽しみ。
しかし、Android陣営の追撃がすごいな。

appleが完全ガラパゴス状態。
posted by weber at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 202_スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

appleTVの使い方について

appleTVの使い方のエントリー。

「Apple TV」で映画三昧 : 企画&リポート : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

映画をたくさん見る人にはいいかもしれない。
けど、映画は月に1回とかの人には普通に
TSUTAYAとかで事足りる。

いまいち惹かれない。
posted by weber at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 999_その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月02日

ソーシャルメディアマーケティングは「人と人」の間にあるものを盛り上げること。

ソーシャルで企業が今後やるべきことについて。

【ad:tech tokyo】 ソーシャルメディアマーケティング−日米の違いから見えてくるものとは - japan.internet.com
まず、Buchwalter 氏が「ソーシャルメディアの定義」について紹介した。すべてのコミュニケーションはデジタル、リアル関係なく人と人のつながりから生まれるものであり、人間の本質であると確認し、ソーシャルメディアの登場は「デバイス、オンラインサービスの進化でコミュニケーションの在り方が変化した結果」と位置づけた。デジタルと人間の本質であるコミュニケーションが結びついた結果、ブランド、商品、トレンドを語り合うフィールドが生まれたのだ
ソーシャルはユーザの本質的欲求を満たしているサービスであるということ。
つまり、はやるサービスは変わるかもしれないが、
本質的欲求を満たしているサービスなだけに、
これまでのような一過性のサービスではないということです。
ソーシャルメディアマーケティングは、ツールとしての様々なサービスを利用することではなく、ユーザーにとって『一番良いこと』、つまりユーザーの特性や利用動向を踏まえた適切なアプローチとコンテンツ・体験を考え、実践することであり、それを人と人のつながりの中に波及させることだ。そのためには、人のエモーションを動かす強いメッセージ、強い思いが企業やそのブランドメッセージ、製品にこめられていなければならない。
ソーシャルメディアマーケティングは「人と人の間にあるもの」を盛り上げていくこと。そこに企業が伝えたいメッセージを載せられることが今後重要に生ってくると思います。

posted by weber001 at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 302_インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ネットビジネス最前線
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。